【XAUUSD】2021/05/25トレード戦略【相場観】【市況】

ひとことまとめ

現在の高値を上抜けするか、しないかで目線が変わる。
上抜けするのならば「1940」付近、しないのならば「1810」付近をゴールとみていく。
「1810」まで戻ってくるのならば、「1940」までのロングを狙っていく。

いままでの振り返り

少し時間が空きましたが前回の振り返りです。
「1870」付近を天井と見てショートをしたものの、1:5=1:1の値幅である「1890」をつけました。
ただ少しばかり値幅のいびつさが気になるため、まだ上があると考えます。

これからのトレード戦略

先週末からしばらくレンジが続いています。
高値を抜けるのならば小さ目な押し目として「3-5波」がそのまま上昇をすると考えます。
高値を抜けずに落ちる場合は大き目な押し目として「4波」が38.2戻しの「1810」付近まで押すのではないかと考えています。
修正波取りは難しいため積極的なショートを狙うよりは値幅が出て戻りを見てからのショートを狙う方が安心かと思います。

まとめ

どちらに抜けるのか方向性を確認してからでも十分な値幅が取れるため、抜けた後の戻りを見てエントリーを狙います。

また「1810」付近まで戻りがある場合は「1940」までのロングを狙っていこうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です