【EURJPY】2021/6/21~6/25トレード戦略【相場観】【市況】

ひとことまとめ

現在が下降に転換し1-3-3が終了したものと想定。「130.5」を背にした調整ロングと調整からの戻り売りを狙いたい。

今までの振り返り

結構ずーっとチャンスになると思いながら各所に小出し小出ししていたのですが、振り返りを兼ねてまとめていきます。
合わせましていろいろな気付きをくれた方々に感謝。

今回はいろいろな反省や感情が混じっていて長く読みづらい文章になっていますのでご留意を。

まず、いろーんな値幅の1:1、1:1.618が134~134.3付近でした。

6月の頭から狙えそうなポイントが登場したため、大きなショートを狙っていました。
中略画像で。

実際に落ち始めてからの話。

短期的には定番の1:1、1:1.618を狙います。
132.6、131.9付近ですね。

ただどちらもするっと抜けてしまったため(もう少し小さい足132.6付近でじれったい部分がありましたが)、レジサポ最終ラインとして130.9(131付近)を想定します。

131付近で跳ねたことを確認できたので、一端の下げは終了したと思い、天井ショートを残し調整買いに転じます。
長い間もじもじしていたため全利をする。

が、しかしそのまま下抜け。
良くないことですが抜けた後にレジサポを探します。
それが「130.65付近」。

結果論ですが天井ショートは残しておいてもよかったと思いました。
一生持っておくくらいのつもりだったのですが、結構伸びていたので目先の利益に目がくらみましたごめんなさい。

リトレースメント引くときは完全な形での高値と安値にで引くことにしているのですが、1つ小さい波の高値安値でみるとここが0.382に位置していましたね。
今振り返りながら気づきました。
(上の4時間足参照)

最近少しだけレジサポを引くことを意識しています。
以前はほとんど引いていませんでした。
ただへたくそなので今回のような過信のし過ぎもに気を付けたいとは思ってます。
分かりやすい高値、安値、N値、E値があるときは良いのですが、値幅だけでは心もとないときやフィボナッチしかないようなときに絶大な効果を発揮すると考えています。(全ての基本ですよね)

かいつまんでこんな感じでした。

調整狙いを強気で行くのは良くないとわかっていたのですが、しつこく調整ロングを狙いすぎて利益を減らしてしまいました。
最終は130.9-131のラインここしかないというバイアスがあったためですね。

作っている注文ツールのロット管理機能が思いのほか楽しく深追いしすぎたことも原因の一つだと思っています。
自動ロット管理の効果でギリギリまで引き付けることで、低リスクハイロットが実現できるんだなと。

細かいリバ取りと割り切っていれば調整ロング狙いも一度は跳ねた様に思えているので、そこは戦略として早めの建値、RRで強制利確を本格的に検討しようともいました。

これからのトレード戦略

まずは様子を見つつ「130.5」を背にした調整ロングを狙いたいです。
現在目標値はそこまで確証はないですが「131.8~132」または「132.5~132.8」付近。

そこからの戻り売りが本命です。

こちらは値幅が出てからですが、1-3-4ないし1-4を検討しているため1:1の値幅が観測でできたタイミングで狙おうと思っています。

まとめ

現在が1-3-3または1-3-5あたりと想定してのことです。
もう少し先にはなると思いますが、また大きく狙えるタイミングで強めにポジションの構築をしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です